企業の喫煙対策に役立つ様々な情報をご紹介します。

禁煙できない原因は「ニコチン依存症」?【医師監修】

ニコチン依存症とは? なぜニコチン依存症になる?

ニコチンはタバコの成分の一つです。肺から血液中に吸収され、分子が小さいため脳に入ることができます。ニコチンは我々の体にもともと存在するアセチルコリンという物質に構造が似ており、アセチルコリンを受け取る受容体に結合することで、脳内の報酬系という回路を活性化します。すると一時的に快感を生じます。頭をしゃっきりさせる覚醒効果と、緊張しているときに気分を落ち着かせる鎮静効果の両方があります。

しかしタバコを吸い続けると、逆に今度はニコチンがないとイライラや不安といった離脱症状・退薬症候・禁断症状が生じ、タバコを吸わずにはいられなくなります。これを「身体的依存」といいます。

また、仕事がひと段落したらタバコを吸うなどの習慣ができると、同じような場面が再現されるたびに吸いたい気持ちが出てきたり、他人がタバコを吸っている場面を見ると、タバコを吸った時の快感がよみがえり、自分も吸いたくなったりします。これを「心理的依存」といいます。

これらがニコチン中毒・ニコチン依存症で、禁煙を妨げる大きな要因となっています。

こういった脳の報酬系を刺激する依存性を持つ物質には、他に覚せい剤や麻薬があります。タバコがなかなか止められないのは、意志の力では乗り越えられないほど強い依存性がニコチンにはあるからであり、ニコチン依存症という病気を治すことで、禁煙が達成しやすくなると考えられています。

ニコチン依存症はどうやって治療するの?

まず、ニコチンを喫煙以外の方法で体に入れることで、離脱症状を和らげ、ニコチンが少ない状態に体を徐々に慣れさせることにより、禁煙を成功させる方法があります。ニコチン代替療法と呼ばれています。ガムや絆創膏のような貼り薬(パッチ)にニコチンを含ませたものが販売されており、病院で処方を受けなくても薬局で購入することもできます。ガムやパッチには、タバコに含まれるニコチン以外の有害物質は含まれていません。

また、バレニクリンという成分の飲み薬も使用されています。この薬は、ニコチンが結合する受容体に作用し、ニコチンが体内にあると脳を誤解させ、たとえ喫煙してしまったとしても得られる快感が少なくなるようにします。この薬を使うと、禁煙が2~3倍程度成功しやすくなると言われています。

あなたはいくつ当てはまる?TDSニコチン依存度テストとは?

ニコチン依存度テスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)は、ニコチン依存症であるかを判定するチェック票で、禁煙治療を保険適応で受けられるかどうかの判断にも用いられています。

■ニコチン依存度テスト
・自分が吸おうと思っている以上に多くタバコを吸ってしまうことがあった。
・禁煙や減煙を失敗したことがある。
・禁煙や減煙を試したとき、吸いたくてたまらなくなった(精神的依存)。
・禁煙や減煙を試したとき、イライラ・眠気・神経質など身体的依存症状があった。
・離脱症状を消すために禁煙に失敗した。
・体調が悪く、タバコは良くないと分かっているのに吸ったことがある。
・タバコのせいで健康問題が起きていると分かっているのに吸ったことがある。
・タバコのせいで神経質になったり、不安や憂鬱感が出ていると分かっていても吸ってしまった。
・自分はタバコに依存していると思う。
・タバコが吸えない仕事やつきあいを避けたことがある。

各設問「はい」を1点とし、5点以上でニコチン依存症と判定されます。

このテストが合計5点以上であることと、以下の条件を満たしていれば、禁煙外来にて健康保険等を利用して治療を受けることができます。

・ニコチン依存度テストが5点以上
・35歳未満である、または、 [1日の喫煙本数×喫煙を始めてからの年数]が200以上
・禁煙をすぐ始める意志がある
・禁煙しますと文書で同意できる

禁煙外来とは、禁煙を目指すことを目的とした専門外来です。
総合病院や内科などの診療科で行っているので、気になる方は最寄りの病院を調べてみるとよいでしょう。ここでは、一度禁煙治療に失敗した方も、再度チャレンジすることができます。また、ビデオチャットでの遠隔診療が導入しやすい分野であり、すでに一部のクリニックでは初診のみ対面で、以後は遠隔診療という形での禁煙外来が行われています。

禁煙ができないのは意志が弱いからではなく、ニコチン依存症が原因かもしれません。禁煙外来や禁煙治療薬などを上手く活用して、治療していきましょう。


カテゴリー : 喫煙と健康

キーワード :